小規模事業者持続化補助金は申請代行・サポートを依頼すべき?行政書士への依頼費用も解説

小規模事業者持続化補助金は申請代行・サポートを依頼すべき?行政書士への依頼費用も解説

「小規模事業者持続化補助金に申請したいけど、時間がない」 「公募要領を読むだけでも疲れてしまった」とお困りではありませんか。 もし、小規模事業者持続化補助金に申請したいのであれば行政書士をはじめとしたプロによる申請のサポートを依頼しましょう。申請サポートを依頼することで、迅速で正確な申請が可能です。 そもそも小規模事業者持続化補助金とはどんなもの?という制度そのものについて概要を把握したい方は、個人事業主も対象!小規模事業者持続化補助金とは?【令和3年度も継続】の記事も併せてお読みください。...
持続化補助金低感染リスク型ビジネス枠の公募要項を分かりやすく解説!

持続化補助金低感染リスク型ビジネス枠の公募要項を分かりやすく解説!

「持続化補助金低感染リスク型ビジネス枠ってどんな補助金制度なんだろう?」と疑問に思っていませんか。 持続化補助金低感染リスク型ビジネス枠とは、対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナに向けた新しい取組を支援する補助金制度です。新型コロナウイルス感染症の収束が見えないなか、ビジネス転換を後押ししてくれる補助金制度なので積極的に活用したいと思う経営者は多いでしょう。 「そもそも持続化給付金とは?」という制度それ自体については、令和3年度も継続!個人事業主も対象の小規模事業者持続化補助金とは? の記事で解説しています。...
小規模事業者持続化補助金の事業再開枠は終了済!代わりとなる補助金・支援金とは?

小規模事業者持続化補助金の事業再開枠は終了済!代わりとなる補助金・支援金とは?

「小規模事業者持続化補助金の事業再開枠ってどんな補助金なのだろう?」と気になっていませんか。小規模事業者持続化補助金の事業再開枠とは、新型コロナ禍ウイルス感染症の感染防止対策に対する取り組みを上限50万円まで支援する補助金のことです。しかし、事業再開枠は第4回締め切りまでで終了しており、いまから活用することはできません。 そこで本記事では、すでに終了している小規模事業者持続化補助金の事業再開枠の概要や今後新型コロナウイルス感染症対策に関する支援金・補助金について解説します。...
小規模事業者持続化補助金の採択率を高める3つのコツ!低感染リスク型ビジネス枠と一般枠の比較

小規模事業者持続化補助金の採択率を高める3つのコツ!低感染リスク型ビジネス枠と一般枠の比較

小規模事業者持続化補助金の採択率が気になっていませんか。小規模事業者持続化補助金の採択率は回数を重ねるごとに少しずつ下がる傾向にありますが、直近には少しアップし50%となっています。確かに、小規模事業者持続化補助金の発足時と比べてしまうと高い採択率とは言えなくなってきています。しかし、採択されるためのコツを抑えて事業に取り組み、分かりやすい計画書を提出すれば採択される可能性がアップします。...
小規模事業者持続化補助金は個人事業主・フリーランスも申請できる!

小規模事業者持続化補助金は個人事業主・フリーランスも申請できる!

「小規模事業者持続化補助金は個人事業主やフリーランスも対象なのかな?」と申請をためらっていませんか。 結論から言うと、小規模事業者持続化補助金は個人事業主やフリーランスも対象です。しかし、なかには対象外の人もいるため、よく公募内容を確認しなければなりません。また、どんな事業でも補助してもらえるわけではなく、目的に合う事業内容のみが対象です。 本記事では個人事業主やフリーランスが小規模事業者持続化補助金を申請するときに必要な書類や採択されるためのコツをご紹介いたします。...
小規模事業者持続化補助金の申請書記入例・採択率を高める書き方を徹底解説!

小規模事業者持続化補助金の申請書記入例・採択率を高める書き方を徹底解説!

「小規模事業者持続化補助金を申請したいけど、どうやって申請書を書くのだろう?」「ほかに必要な書類は?」と気になっていませんか。 小規模事業者持続化補助金を申請するときには、申請書のほかに計画書や貸借対照表などが必要です。公募要領を読めば記入はできますが、採択のハードルが高いためしっかりとコツを押さえておかなければなりません。 今回は小規模事業者持続化補助金の申請書と必要な書類、作成する書類の記入例を分かりやすくまとめました。また、採択の確率をアップさせるために欠かせない作成のポイントも解説しているため、参考にしてください。...