建設業許可は行政書士に依頼すべき?気になる費用や相談するメリットを解説

建設業許可は行政書士に依頼すべき?気になる費用や相談するメリットを解説

「建設業許可は行政書士に依頼しなければならない?」 「自分で手続を行うことはできない?」とお悩みではありませんか。 結論から言うと、建設業許可は行政書士に依頼せずに自分で手続きして取得することが可能です。 本記事では、「建設業許可の申請はどのようなステップになるのか?」について詳しくご紹介します。 許可申請を行政書士に依頼するメリットや費用も解説するため、ご自身で申請するのが良いか、行政書士のサポートを受けて進めていくか、どちらが良いかをご比較ください。 1.建設業許可取得は行政書士に依頼しなければならない?...
建設業で開業を目指すあなたへ – 2つの方法と失敗しない手順を行政書士が解説

建設業で開業を目指すあなたへ – 2つの方法と失敗しない手順を行政書士が解説

建設業で長く勤めていると独立・開業しようかと考える人もいるのではないでしょうか。開業するにあたって、どのような方法があるのか悩んでいる人もいるでしょう。 本記事では、建設業で開業する3つの方法や、開業をスタートするまでの5つの手順をご紹介します。開業前に知っておきたいポイントを知って、独立を成功させましょう。 1.建設業で開業する3つの方法 建設業で開業する場合、以下の2つの方法があります。 法人(会社)個人事業主...
建設業許可「500万円」の基準を行政書士が解説。違反すると罰則も!分割払いや消費税はどうなる?

建設業許可「500万円」の基準を行政書士が解説。違反すると罰則も!分割払いや消費税はどうなる?

「500万円未満の工事だと建設業許可はいらないって本当?」「財産的基礎の500万ってなんだろう?」と気になっていませんか。 工事を請け負う際、建設業会社は業種区分に応じた建設業許可を受けなければなりません。しかし、「軽微な建設工事のみを請け負う場合を除く」と記載されており、それが500万円の基準と考えられています。 一方で、建設業許可を取得するための財産的基礎も500万円です。...
行政書士による建設業許可取得ガイド(工事事例つき): 3つの区分と29種類の許可

行政書士による建設業許可取得ガイド(工事事例つき): 3つの区分と29種類の許可

「自社で取らなければならない建設業許可の種類ってどれだろう」とお悩みではありませんか。 建設業許可は、工事を契約する会社の場所、下請に出す工事の金額、工事内容などを踏まえて多角的に検討しなくてはなりません。できる工事内容を増やすためには、複数の建設業許可を取得しなければなりません。 今回は、建設業許可の種類と工事内容について解説します。正しい知識を身に着けて、自社に必要な建設業許可を見極めましょう。 1.建設業許可の3つの区分...
建設業の許可とは?取得の流れや申請の要件を分かりやすく解説!

建設業の許可とは?取得の流れや申請の要件を分かりやすく解説!

「建設業の許可って絶対に必要なの?」と気になっていませんか。結論から言うと、軽微な工事のみであれば不要なため、開業の際に取得しておく必要はありません。 今回は、建設業の許可の概要や種類、要件について分かりやすく解説します。申請手続きの流れも説明しているので参考にしてください。 建設業の許可を取得し、会社で請け負える工事の幅を広げましょう。 ※ 本記事は2023/06/19時点での情報となります。最新の情報についてはリンク先など各機関をご参照いただくか、お悩みの方は弊所へお問い合わせください。...
神奈川県で建設業許可を取得する方法を流れで分かりやすく解説!

神奈川県で建設業許可を取得する方法を流れで分かりやすく解説!

「神奈川県で建設業許可を受けたいけど、どうすれば良いのだろう」とお悩みではありませんか。 神奈川県で建設業許可を取得するには、要件を確認し、許可申請書や添付書類の準備をしなければなりません。今回は、申請の手続きの流れや申請先について解説しています。 建設業で独立したり事業拡大したりするときに必要な建設許可をスムーズに取得し、会社の成長につなげましょう。 ※ 本記事は2023年6月16日時点での情報となります。最新の情報についてはリンク先など各機関をご参照いただくか、お悩みの方は弊所へお問い合わせください。...